月別アーカイブ: 2017年3月

貧乏だった大学時代

私は学生時代にお金に苦労しました。

というのも、やりたいことがあるために自分の希望する学部に進学したのですが、その学部は他の学部よりも学費が高く、自分は国立大に落ちてしまっていたため、親にお金を払ってもらうことに心苦しさを感じていました。

そこで奨学金に頼ろうと思ったのですが、我が家の家計はそれほど困窮状態にあるわけではなかったため奨学金を利用することができず、自分で学費の一部を出そうと決意しました。

しかし、食費や交際費も自分で出すと決めていたので、そこからさらに学費を十分に捻出するのは難しく、大学生活1年目には苦労しました。

たとえば食費についてですが、大事な時以外にはむやみに友人と食事に行くのは避け、昼食も学食より安いコンビニエンスストアの商品やファストフード店の商品を利用したりしました。

また、家に眠っていた不要なものをフリーオークションサイトで売ったり、交通費を調べて歩けるところまでは歩いたりなどして節約しました。

さらに、様々なアルバイトサイトに登録してできるだけ良い案件のアルバイトを見つけられるように心がけました。

その甲斐があってある程度の学費を賄うことができましたが、それでもまだ満足のいくものではありませんでした。

本当にお金がキツかった時には、審査のゆるい危ないところで借金しようかとも考えていました。

しかし2年生になるときに、私のそんな様子を見かねた母と話し合うことで、某会社の学生ローンを利用することができるようになりました。

学生の期間中は自分は生じるわずかな利息を払うだけで済み、卒業後に元金を払えば良いという制度で、そのおかげで私はお金に余裕ができ、自分のために使えるお金や時間が増え、念願だったサークルにも途中で入ることができました。

しかし、自分で使えるお金は増えましたが学生ローンを利用しているため学費が免除になったわけではなく、将来払わなくてはならないため今もある程度の節約は行っています。

私としては親に心配をかけてしまったことは後悔していますが、金銭的な面で親孝行ができたのかなと思っております。